れり日

おいでくださり、ありがとうございます(*´ω`)                                       メール: letitbeneko@gmail.com

5月も終わりますね

こんにちは、寝子です。

梅雨前の爽やかなお天気が続いていますね。

最近の私はと言えば、通院日にタイミングよく会えたお友達と街をブラブラしたりしました。

お洒落な定食を食べたり、お洒落な喫茶店でお茶したり、帰りにはお友達おススメのお洒落なパン屋さんでパンを買ってきました(街は本当にお洒落が多いです)。

パン屋さんはお値段が少しお高めの設定(想定より100円~200円くらい高い感じ?)で迷いましたが、食べたらとても美味しかったので、機会があればまた買いたくなりました。

いくつか買った中で、ウインナーに生地をホットドックのように半分巻いて焼いたパンが気に入りました。朝ごはんによさそうです。

そうそう、少し前に彼と等々力渓谷へ行ったのですが、その近くにもお洒落なパン屋さんがあり、やっぱり少しお高めだったけど美味しかったんですよ。

特にクイニーアマンが美味しかったです。こちらはごはんというよりはおやつ向き。

・・・高い高い書いてますが、近所のパン屋さんが安くしてくれているってことなのかな?場所代もあるのかな?

 

さて、今週のお題「わたしの一足」に参加してみようと思います。

今一番お気に入りの「わたしの一足」は、カンペールのパンプスです。

履くのはもちろん、お手入れも嬉しく、そもそもうちの靴箱にいてくれるだけで嬉しいです。

お付き合い歴は2か月になります。

きっかけは、今年の誕生日近くに「キレイめでもカジュアルでも履ける一足が欲しい・・・!」と思い立ったことから。

最初はカンペールのフラットタイプ狙いで試着に挑んだところ、店員さんおススメの少しだけヒールのあるパンプスを履いてみたらすごくキレイだったんですよね。

 迷った2足を何回も履いてみて、パンプスにしました。

試着に何時間かかったでしょうか・・・っていうくらい迷いました。

ここ何年もクロックスとか楽ちん靴ばかりだったので、「履かなくなったらどうしよう・・・」「足が痛くなって履けなかったら・・・?」という不安の中、パンプスに決めるのは勇気がいりました。

でも、「カンペールなら足に優しそう」ということと、店員さんから実際履いてみての感想「走れるパンプス」や、このパンプスはロングセラーであることなどを聞いて、思い切って決断してみてよかったです。

最初は靴と足のお互いが馴染まなくて足の甲が痛くなったけど(特に下り坂が痛くなりました)、今では馴染んできて街で一日過ごしていても気にならなくなりました。

これからも勿体ぶらずに沢山履いて、どんどん仲良く馴染んでいって欲しいです。

 

実はフラットタイプの方は若い頃に欲しかったものでした。

若い頃に欲しかったものは、「その時似合ったであろうもの」という可能性もあるかもしれませんよね。

もちろん、年齢に関係ない定番ものも数多くありますし、目的の違う「二足目」だったらフラットタイプを選んでいたと思います。

今回の私の場合は、目的に沿いつつ今似合うものを選択できたっぽくて、それも嬉しさの一因に入っています。

 

そんなところで、「わたしの一足」カンペールのパンプスのお話しでした。

読んで下さってありがとうございました。

 

 

 

広告を非表示にする