読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

れり日

おいでくださり、ありがとうございます(*´ω`)                                       メール: letitbeneko@gmail.com

ああ憧れのアニエスベー

今、この夏初めて蝉の声を聞いています。

成虫になりたてなのかな?

こんにちは(*´ω`)寝子です。

 

小麦粉制限を始めて2週間経ちました。

小麦粉と同時に炭水化物も減らすことを言われていたので、白米を減らすつもりでおかずを増やしたにもかかわらず、うっかり白米を減らすことを失念してすぐに2キロ太るという凡ミス(;^_^Aをしながらも制限を続けております。

白米を減らさなければ、普通におかずいっぱいボリュームご飯です。

昨日は特別に、半分こしたパンケーキモーニングと薄切りロールケーキを食べましたら、なんだか体調が微妙です。

たまたま2、3日立て込んでいた疲れと生理の都合も重なり、久々にダル&重というより重&重。

目覚ましも無視して寝続け(聞こえませんでした💦)、今日はパソコン作業以外の予定はキャンセルして、お家でゆったり昇太さんのラジオなどを聞いたりして過ごしています。

 今日はそんな感じではありますが、制限を始めてからは少し体が軽くなり、朝ゴミ出ししてからそのまま起きて活動出来るようになったり、寝つき&目覚めがよくなったり、便秘が改善されたり(これは嬉しい副産物)・・・と効果を感じていますので、それはそれでまたもう少し様子を見た頃に書こうと思っています。

体が軽くなって活動しやすくなってきたらきたで、休憩やお昼寝をしっかり確保しながら体調を保つことが課題になってきましたよ。嬉しい。

 

さて今回は憧れのアニエスベーについてです。

 20年ほど前にフリッパーズギターが好きだった私は、渋谷系に憧れを抱いていました(今なお強く憧れています)。

 最近ではすっかりJKやギャル文化?の渋谷というイメージですが、この頃はフレンチカジュアルな渋谷系だったと思います。どちらも若者という点では共通していますね。

雑誌ですとオリーブ。スポーツですとラクロスやってそう。行かないから関係ないけどディスコ(ギンギラ)からクラブ(お洒落)への変わり目ではなかったでしょうか。

とにかくなにもかもがお洒落な雰囲気で、田舎者で冴えなくて自信のない私は想像するだけで気後れするくらい憧れを抱いていたのでした。

そんなお洒落な渋谷系フレンチカジュアルの代名詞(大げさ?)に、ボーダーTシャツがありました。

ボーダーTシャツ&Gパンは当たり前に、その上にベージュのステンカラーコートを羽織ってもものすごくシンプルでお洒落な着こなしに見えたものです。

ベージュのステンカラーコートは黒いタートルもいいですよね!

今では当たり前のお洒落でも、当時の私はフリッパーズギターをはじめとした渋谷系で初めて知ったのでとても鮮烈に印象付いています。

ここで大きな割合を占めるアイテム、ボーダーTシャツと言えば!

・・・個人の好みの別れるところでございます。

私の「と言えば!」はアニエスべーでした。

ボーダーTシャツの前か後か同時期か記憶が曖昧ですが、アニエスベーのロゴTシャツなども流行りましたよね。

それでも私は「ボーダーTシャツのお店」として認識しています。

その時代に手の届くキャラクターブランドより色んな意味で少しお姉さんなブランド、アニエスベー。流行るくらいロゴもステキ。

気後れが過ぎて、20年間近づけなかったのです!

値段だって何万もする訳じゃないし、行こうと思えば行けるお店なのに・・・(

何万もするアイテムも沢山ありますが)。

渋谷系のお洒落さに対する劣等感があまりにも強すぎてコンプレックスの塊になってしまっていたのかな?

20年経った今、それに気づいて思い切ってアニエスベーのボーダーTシャツを試着しに行き、「私なんかが着ていいのかしら」と一旦迷いながらも買っちゃいました。

セットで憧れていたスナップボタンの沢山ついたカーディガンも試着させてもらったら私では少し野暮ったく見えたので、今の自分に相応のカーディガンを一緒に。

 

以前書いたカンペールともども、あの頃の自分に着せてあげたいです。

その頃の憧れといっても今は似合わないものはやってあげられないけど、今も変わらず好きなもの、しっくりくるものは今の自分が楽しむことで同時にあの頃の自分にも喜んで欲しい。

好きと憧れが強すぎるのと過度の自信のなさから、好き避けっぽかったことが私の中にはまだまだあると思いますので、根気よくひとつひとつほどいていってあげたいと思います。

 

この辺でおしまいにします。

お読みくださりありがとうございました。

 

小麦粉制限はじまりました

こんにちは、寝子です(*´ω`)

あれよあれよとしている間に6月が終わり、7月になってしまいました!

早いですね(;^_^A

一日単位では結構長く感じたりするものですが、一か月とか半年、一年と束になると早く感じます。

先月後半はタイミングよくお友達に会えたり、ヨガへ行ったりしていました。

お友達と会えた時には、久しぶりにフラッとウインドーショッピングしてみました。

 こないだ雨具がどうこう書いといてなんなのですが、今お財布を探しています。

 雨具より優先事項かもしれません。

ナチュラル系か、ブランド系が、まずはそこから迷っています。

そして二つ折りか長財布か、カード入れの数、更には色・・・。

財布選びも長いお付き合い前提ですので、慎重になりますよね。

 

先月後半といえば、通院時に血液検査の結果が出たんですよね。

今回の血液検査は栄養全般を調べていたので、栄養指導?食事指導?がありました。

なにはさておき、小麦粉を控えること。

日中のだるさや眠気はここからきているかもしれない、とのことでした。

パン、麺類、クッキーなど焼き菓子、ベビースターなどスナックお菓子、小麦粉大好きな私としては食べるものの大半を見直すこととなりました。

今一番お気に入りの外食朝食メニューのデニーズのパンケーキモーニングも・・・小麦粉です・・・。ショック・・・。

通院時のお楽しみ、ルノアールのDモーニングも・・・小麦粉です・・・。

お出かけ先にいい感じの公園がある時のお楽しみ、具たっぷりサンドイッチや焼き立てパンも・・・小麦粉です・・・。

老舗喫茶のキレイなホットケーキも食べてみたいところでした・・・。

・・・といろいろ遠のきましたが、「禁」ではないので一緒に行った人とシェアして割合を減らすこともできますよね!お目当ての老舗喫茶ではホットケーキを一枚ずつサーブして下さるそうですし!

割合を高めないようにバランスよく、とポジティブ解釈してみました。

 

そして大好きなお刺身にも制限が・・・!

火を通したお魚がいいそうです・・・ガクリ・・・。

でもまあ、こちらは毎日食べていたわけじゃないので、まだショックは軽めと言えば軽めですが、スーパーで割引き時間帯の好物&お手軽なラッキーメニューが選択肢から消えると思うと・・・。

たまに・・・今よりももっと、たまに・・・ごくたまにくらいになるのですね・・・特に夏場は涼しくていいメニューだったのにな。

 

あとは、鉄剤とか亜鉛とか、ビタミンはサプリ補給でなんとかなる範囲でした。

小麦粉制限が一番大変そうですね。

小麦粉と同時に炭水化物も控えるとのことですが、自分の食生活を振り返ってみても小麦粉が大きな割合を占めていたと思いますので、小麦粉に注意していれば炭水化物の割合は減っていきそう?

 

栄養療法はやりたいと望んだことだけど、少し辛い・・・!けど栄養療法のコンテンツがあったから今の病院に通っているんだもん・・・!やってみるしかない・・・!

慣れたら体の調子も良くなって、制限とも気楽に付き合っていけるといいです。

 

 

 そんなところで今回はおしまいです。

お読み下さりありがとうございました。

 

梅雨らしく、じめっとした話題

 こんにちは、寝子です(*´ω`)

梅雨の合間の晴れの日には真夏日が多くなってきましたね!

すっかり半袖と扇風機の今日この頃です。

 

先日、夕涼みがてら公園に行ったら、子狸がいましたよ。

しっぽがリスみたくて可愛かったです。

猫の縄張り?だったのかな?

近くにいた猫がやってきて、ギャルルルとけん制され、子狸は夜の住宅地に消えていきました。

また別の日にはネズミ(大きめ)が大急ぎで車道を渡っていたり、花火の日には公園のコウモリがバタバタ飛びまどっていたりと、住宅地の野生動物とよく遭遇します。

もちろんカラスもいて、一度ゴミを玄関の前に置いておいた時に狙われてから、隠しているにもかかわらず覚えちゃったみたいで、たまにゴミ出しを監視しに来たりして。

ゴミ出しから帰ってくる時にカラスが見に来ているとビックリしますが、あの時のカラスなんだなと思うと賢いなあと感心したりもします。

そこへいくと地域猫は拠点でごはんをもらっているっぽいので、野生度は半分くらいなのでしょうかね。

まあそんなこと言い始めちゃうと、森の中の野生と住宅地の野生も違いそうですし、なかなか複雑ですよね。

環境に合わせて柔軟に生き残っていけることは素晴らしいです。

大きい要素だったりしますもんね、環境って。

「環境を変えなきゃ生き残れない」場合も「環境が変わると生き残れない」場合もありますもの。

いつだって生き残りをかけているんですね!

そんな風に人間以外の動物も同じ町内でたくましく生きていると思うと、少し心強かったりもするものです。

色んな種類の動物を許容している=自分も許容されている感じがするんですよね。

 

・・・持病が発症する前から、私はどこか許容されていない感覚がありました。

人間社会の不文律?や非言語コミュニケーション?がよく分らず、どこが分らないのかも分からないまま、上辺だけ取り繕ってやりすごしてきてしまいました。明確な言葉がないと分らないのです。

社会の「当たり前」の理由も分からず、周りに聞いても「そういうもんだ」くらいだったので、見よう見まねだけ人間っぽく振る舞って生きていました。

「体で覚える」と言ってしまえばそれまでですが、きちんと仕組みを理解できないことをやっているのはなんか違うと思います(熟練の技など「体で覚える」のは分ります。感覚を常態にするんじゃないかなと予想)。

そんな風に生きていると、どこか無理が出てしまってうまくいかないことも多く、言い返していい場面での言い返し方が分らなかったり、そのストレスが怒りとなって更にその怒りを出す方向性が分らず攻撃的になったりもしちゃって「アイツヤベーヤツ」となってしまうことも多かったですね(持病特有のイライラ感がこれに加担した時もありますよ)。

怒りではない時には許容してくれる人にすがったり依存したりを繰り返し、結局こじれて許容されていない感覚だけが上書きされるみたいな。こちらは逆に弱気すぎ。

人生の出発地点からそんな感じでした。

生まれてから40年も経ってしまった今、環境を整えて色々なことを少しづつ理解しつつあるところです。

町内でも、彼にもお友達にも、許容してもらっているのが分りますし、そんな許容されている安心感の中で学べることはラッキーですよね!

ん?許容されている安心感があるから学ぶ気になった、とも言うのかな?

自分が許容されていると、許容範囲も広がる気がしますもの。

 

住宅地の野生動物の話しから、許容されてる感の話しになっちゃいました。

厨っぽい話しかも知れないけど、そうなんだからしょうがない(;^_^A

 

お読み下さりありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

北酒場を北酒場ではない場所で大合唱してきました

こんにちは(*´ω`)寝子です。

 はやいもので、今年も梅雨入りしましたね!

空気がじっとりべたついて、お布団や洋服など布製品は常に湿気ている感じがしますし、なんといっても個装されてない大袋のおせんべいやポテチの湿気が気になります。

おせんべいなんかしょうゆがもうべっとり感アップしますものね。

体がダル重な時も多くなりがちな梅雨ではありますが、いい面といえば雨音でリラックス時間が増えることでしょうか。

リラックスし過ぎて寝てしまうくらい、雨音はしっとり素敵だと思います。

ダル重でもリラックスしても、どちらにしても結局寝るには変わりないように見えますが、決定的に気分が違うのです。

お洒落な雨具も沢山ありますよね!

今年の梅雨時期は、気になっている「ハンター」の長靴と、長く使い込める傘を見て回って検討したいところです。

「お洒落な雨具で雨の日もアガル⤴」どころか、「それを探しに出かける時点で結構アガル⤴」、買う前からアガルなんて効果絶大です。

 

 

さて先日、母に誘われて細川たかし長山洋子のコンサートを観てきました!

会場は結構満員で、開演してもクーラーによる冷えが感じられないほどの熱気でした。

私たちは3階席で少し遠かったものの、ステージの演出が素敵で世界観を存分に楽しめました。

今って床もスクリーンになるのですね!スクリーンを敷いているのかな?

壁と床でスクリーンになるから、例えば荒ぶる日本海を映した場合、荒ぶる日本海の中でスポットライトを浴びながら細川たかしさんが歌っている感じがするのです。雄々しいですよね!

竹林に降る雪の中で長山洋子さんが歌っているのも幻想的でした。

ここ何年か落語会でしかホールへ行ってなくて、こういった演出を知らなかったので、すごく新鮮でした!

北酒場」では細川たかしさんが「一緒にぃ!」と言われていて、私も歌ってきましたよ~!「浪花節だよ人生は」も楽しいけれど、やっぱりやっぱり「北酒場」!名曲です!

長山洋子さんは衣装の早替えもあり、アイドルの頃と雰囲気は違えど変わらずお綺麗!

ここ何年かで私が知っている衣装チェンジは春風亭昇太さんの生着替えですが(こちらはリアルタイム着替え)、こういった舞台上での衣装チェンジでまで楽しませてくれるのはエンターテイナーですよね!歌舞伎とかの衣装チェンジも素敵なのでしょうね。

その他にも長山洋子さんとお師匠さんの津軽三味線共演や、お二人それぞれの民謡、細川たかしさんのお弟子さんのコーナー、和太鼓や尺八の演奏もあり、盛り沢山の内容でした。

歌声と尺八がハモる時には、ソルフェジオ周波数の音を聞いているような、あの独特などこかへ引っ張らるような感じがしました。

 

余韻に浸りながら帰りにホテルでお茶してきたのですが、お茶とスイーツで合計2,500円くらいになるなら、3,000円前後でアフタヌーンティが楽しめるのはかなりお得なんじゃないかと思いました。

いえ、脳内が逆価格破壊していて、お高めには変わりないんですけど・・・。

 

 

そんなところで、今日はおしまいです。

お読み下さりありがとうございました。

 

 

 

 

昇太さんとかさくらちゃんとか

こんにちは、寝子です。

衣替えの6月ですね!

昼間は暖かくても夜は冷える事が多く、フリースのパジャマを着たいところですが朝には暑くなっているので、七分のやつにして布団をかけて寝ています。

寒い時は結構冷え、暑い時は暑い、どっちつかずな感じ・・・。

それでも冬に比べたら暖かいのに、毎日の気温が底上げされると冷える日には「寒いっ・・・!」と思ってしまうわがままな心理。

でも冬はいーっつも寒いから、寒いの苦手で大丈夫じゃないけど心構えに関しては大丈夫なんですよね。

今時期は暖かい(暑い)ところから寒いところに突き落とされるので、温度差で「寒いっ・・・!」ってなるのかな?

これって 憧れに憧れたものが日常になると、ちょっとしたことでも「不満っ・・・!」って思うあの心理に似ているのでしょうかね?

そうかはわからないけど人間(私)の心なんて勝手なものですよね。

 

 

さて、もしかしたら国民的話題かも知れない「笑点」が最近熱かったですよね。

ネットニュースでも沢山見かけました。

私は昇太さんを応援しているので、昇太さんの司会者就任は嬉しかったけど意外でした。

昇太さんの軽快さ=軽さになってしまって他の人になるんじゃないかな~と予想していたのです(私は軽快な昇太さんが大好きです)。

・・・とか今書きながら、落語を話題にすることにとても警戒している自分がいます。

落語とかって、どれだけ知っているとか、通好みとか、ありがちだから軽々しく語ってはいけない世界な気がするのです。

それはどんなジャンルでもあるのかな?例えば音楽でも、クラシックとか、ジャズとか、ロックやポップスでもファンの間ではそんな感じですものね。

どこかでみかけた発言では、そういうことがあるから趣味を聞かれて人は「無趣味」と答えるようになっていくのだとか・・・。

なんというか・・・そう思っていたのは私だけじゃなかったのですね・・・。

私も、「これが好き」と言って「じゃあどんだけ知っているんだよ?」とかなっちゃってムリして取り繕ったりして、結局そのもの自体好きであることがいけない事のように思えて罪悪感を感じたりしていました。

ノリで知らないことを知っているとか、逆に知っている事を知らないとかも沢山ありましたし・・・。

その罪悪感には「上手に説明できなかった自分も嫌い」という要素も加わってしまっていると思いますが・・・。

それならどんな種類の好きかと言われれば、「詳しくないけど好みに合う」っていう感じの好きです。

これからは会話とかでも素直に表現していけるといいです(会話はテンポがあるから自分のペースが崩れやすいような?)。

だって、好きなものは好きなんだし、ヘンにひた隠しにしていては話題もないですものね。

 

お次はさくらちゃん、「カードキャプターさくら」です。

20年ぶりの新連載とのことで、「なかよし」買っちゃいました!

少女漫画、好きだけどムズムズしました~~w!でもキレイで可愛い~~!!

これは20年前に好きだった漫画なんですけど、「当時好きだった気持ちの残骸かな~?」とか少し迷いもあったりして・・・。

迷いつつ今回のさくらちゃんとの付き合い方は、付録・全プレ(全サ?)・コミックスにしようかな~と考えています。イラスト集も迷います。

付録や全プレの都合以外、毎号は買わないけど「漫画家セット」が付録になった時には買っちゃうかもです。面白そうな付録ですよね。

さくらちゃん再開に関してネットで調べてみたら、「わんころべえ」が続いていることに反応している方々も多いようでした。

言われてみればあの頃から載ってましたよね!

変わらず載っているとなんだかホッとするものですね。 

 

 

そんなところで今回はおしまいです。

お読み下さりありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

5月も終わりますね

こんにちは、寝子です。

梅雨前の爽やかなお天気が続いていますね。

最近の私はと言えば、通院日にタイミングよく会えたお友達と街をブラブラしたりしました。

お洒落な定食を食べたり、お洒落な喫茶店でお茶したり、帰りにはお友達おススメのお洒落なパン屋さんでパンを買ってきました(街は本当にお洒落が多いです)。

パン屋さんはお値段が少しお高めの設定(想定より100円~200円くらい高い感じ?)で迷いましたが、食べたらとても美味しかったので、機会があればまた買いたくなりました。

いくつか買った中で、ウインナーに生地をホットドックのように半分巻いて焼いたパンが気に入りました。朝ごはんによさそうです。

そうそう、少し前に彼と等々力渓谷へ行ったのですが、その近くにもお洒落なパン屋さんがあり、やっぱり少しお高めだったけど美味しかったんですよ。

特にクイニーアマンが美味しかったです。こちらはごはんというよりはおやつ向き。

・・・高い高い書いてますが、近所のパン屋さんが安くしてくれているってことなのかな?場所代もあるのかな?

 

さて、今週のお題「わたしの一足」に参加してみようと思います。

今一番お気に入りの「わたしの一足」は、カンペールのパンプスです。

履くのはもちろん、お手入れも嬉しく、そもそもうちの靴箱にいてくれるだけで嬉しいです。

お付き合い歴は2か月になります。

きっかけは、今年の誕生日近くに「キレイめでもカジュアルでも履ける一足が欲しい・・・!」と思い立ったことから。

最初はカンペールのフラットタイプ狙いで試着に挑んだところ、店員さんおススメの少しだけヒールのあるパンプスを履いてみたらすごくキレイだったんですよね。

 迷った2足を何回も履いてみて、パンプスにしました。

試着に何時間かかったでしょうか・・・っていうくらい迷いました。

ここ何年もクロックスとか楽ちん靴ばかりだったので、「履かなくなったらどうしよう・・・」「足が痛くなって履けなかったら・・・?」という不安の中、パンプスに決めるのは勇気がいりました。

でも、「カンペールなら足に優しそう」ということと、店員さんから実際履いてみての感想「走れるパンプス」や、このパンプスはロングセラーであることなどを聞いて、思い切って決断してみてよかったです。

最初は靴と足のお互いが馴染まなくて足の甲が痛くなったけど(特に下り坂が痛くなりました)、今では馴染んできて街で一日過ごしていても気にならなくなりました。

これからも勿体ぶらずに沢山履いて、どんどん仲良く馴染んでいって欲しいです。

 

実はフラットタイプの方は若い頃に欲しかったものでした。

若い頃に欲しかったものは、「その時似合ったであろうもの」という可能性もあるかもしれませんよね。

もちろん、年齢に関係ない定番ものも数多くありますし、目的の違う「二足目」だったらフラットタイプを選んでいたと思います。

今回の私の場合は、目的に沿いつつ今似合うものを選択できたっぽくて、それも嬉しさの一因に入っています。

 

そんなところで、「わたしの一足」カンペールのパンプスのお話しでした。

読んで下さってありがとうございました。

 

 

 

広告を非表示にする

なんとなく自己紹介

こんにちは、寝子です。

ゴールデンウイークが終わりましたね。

今はあまり言わなくなってしまったけど、黄金週間という呼び方が好きです。

私はと言えば公園でのり巻きを食べたり、お買い物ついでに外食したりしてました。

ちょっといいお蕎麦屋さんで食べた、かき揚げせいろが美味しかったです。

公園には町内会で飾ったっぽい大きな鯉のぼりたちが何列にも並んで泳いでいました。きちんと数えてないけど、十匹以上はいたと思う。

今って住宅地やマンションでは小型の鯉のぼりしか飾れない事情があるらしく、大きな鯉のぼりを公園に飾ることもあるとテレビで知りました。時代ですね。

今年から花粉症になってしまったっぽくて、沢山くしゃみをして沢山鼻をかみました。

ひどい時には寝入る時もマスクしてましたよ(寝始めると外しちゃいますが)。

 

 

 前回は持病のことばかりになっちゃったので、今回は自己紹介です。

「寝子」という名の通り、沢山寝ます。

昼間でも縦になっていられない時には横になります。

「よ子」と名付けてもよかったかな・・・w

これも持病の影響が多大にあります。

持病で疲れやすいのに加えて、服薬の影響があるんです。

お薬が効きすぎる体質のようで、向精神薬の副作用だけで睡眠薬を飲んだようにぐっすり寝れちゃいます。1錠では多くて薬局で半分に調節してもらっています。

 ・・・また持病に寄ってきちゃったので閑話休題

 

私は家事とマイペースに出来る在宅仕事や在宅ボランティアをしながら、彼氏と同棲しています。

得意ではないけど、好きな家事は料理です。

ありあわせで作るのも、材料買い出しに行って作るのも、脳にいい気がしますし、作っていて楽しい、食べて美味しいのも嬉しいです。

 

趣味は・・・趣味と言えるものが今はないかもしれません。

音楽は喫茶店やテレビ、ラジオで流れているのを聞くくらいで充分ですし、読書は気が向いたらたまーにするくらいです。漫画もブログ感覚でちょろっと見るだけです。

料理が好きと言ってもレシピを研究したり写真を撮ったりするほど好きではありません。

落語が好きと言えば好きですがそこまで詳しく知っていきたい熱量もなく、興味がある催しを年に1、2回見に行ければいい感じです。家で沢山聞きたいほどでもないし。

ヨガというかストレッチというか、そんなものも月イチで通っていますが、家ではたまに思い出してやるくらい。

ポトスやエアプランツなどの植物を育ててはいるものの、お世話に手間のかからない、しばらく放っておいても大丈夫な子を中心に育てていて、まあこれも適当です。

睡眠を充分にとる以外、ライフスタイルにそこまでのこだわりもなく・・・。

 

漠然と「なにかを作ることがしたいな」とは思うのですが、そこまでの情熱もないかもしれません(でもその糸口になるといいな、と思ってこのブログを始めたのですが)。

以前の自分は「これが好きなんだ」と思い込んでいたり、のめり込もうとしていたりした部分があった気がします。まるで心を埋めるみたいに。

それでもどうしても好きなものはあるので、思い込まなくても、のめり込もうとしなくても、「自然に気持ちのそばにあるもの」という感じが今はよくて、そういうもの達とのんびり付き合っていけたらいいですよね。

そして、その中から趣味と呼べるものが出てきたら嬉しいです。

 

 

さてさて、今日はこの辺でおしまいにします。

 方向性が決まらないままのブログを読んで下さり、ありがとうございました^^

 

 

 

 

 

広告を非表示にする